エッセンシャルオイルの奇跡!!?

いよいよ3月になりました!

こちらベルギーは

今週とても寒く

毎日マイナスの気温です。

私も久々風邪をひいてしまいました( ;∀;)

先週から色々と忙しく

病院通いが続いて

疲れが出てしまったかもしれません。

今週前半はゆったりと過ごし

やっと今日から復活したところです。

 

実は先週末

聖母マリアさまの

奇跡の泉で有名な聖地

フランスの「ルルド」へ旅してきました(^^♪

沢山、写真も撮ってきましたし

シェアしたいことが山ほどありますが

また後程ゆっくりと…。

 

その前に、私に起きた「奇跡」について

書き記しておきたいと思います。

 

先日のブログにも書きましたが

持病の甲状腺機能亢進症が再発してしまいました。

 

2月初旬に受けた血液検査(上記写真、2月2日)では

確かに、TSHは0.02(甲状腺ホルモンの値、正常は0.3-4.5)

実際に諸症状(倦怠感、心拍数増加、脱毛、睡眠不良、など)

も出ていましたので、再発は心得ていました。

 

一般医のホームドクターは

次の4月の検査まで

様子見でいいと言っていましたが

私は個人的にこのまま放っておいては

いけない気がしていました。

3年前に発症した時も

少し様子見をして薬の投与が

遅れてしまったばかりに

症状は悪化しましたし、

薬の投与開始もその分遅れてしまったことを

とても後悔したからです。

 

直ぐにでも

専門医の元で適切な診断と

薬の投与の指示をしてもらおうと

思ったのですが、

予約を取るにしても

血液検査結果がないとどうにもなりません。

 

ホームドクターには検査機関からデータが

オンラインで届いているのですが

私の元へは郵送で届く手配となっていました。

それを待つしかない…

しかし1週間経っても2週間経っても

手元へ届く気配がないのです。

焦りは募り、

ついに3週間目にホームドクターへ連絡。

しかし、春休みで暫く連絡が取れず。

何故こうも上手くいかない時は

重なり躓くのだろう…

やっと電話が繋がった日に

直接、ホームドクターのところで

結果をプリントアウトして貰い

それを持って、

専門医の元へ行くことにしました。

 

3年前から

お世話になっていた

担当の専門医へも

1年ぶりに電話をしても、

その日に限って全く連絡が取れず。

かけても留守番電話。

一日中電話を何度もかけて…

心も折れ心身共に疲れ果てました。

ようやく夜に連絡がついたけれど

医師もその日は忙しい日だったようで

ものすごく冷たい対応で

とても凹みましたが

なんとか翌日

緊急で診てもらえるように

予約を取り付けて

ホッとしたのも束の間。

 

次の日、

実際に病院へ行くまでに

またもや難関が。

 

今まで行ったことがない場所にある

病院でしたので、

事前にGoogleマップにて

しっかり経路を検索していたはずなのに

何故だか、経路が間違っている!?

 

知らない地下鉄の駅で

トラムに乗り換えの指示が

出ていたので

そこで降りたのに

乗り換えるはずのトラムの駅が

全く見当たらないのです。

誰かに道を尋ねようにも

何故か人が歩いていないのです((+_+))

一人で迷いに迷い

気が付いたら

地下鉄一つ駅分歩いていて

戻っていることに気が付き

がっくり・・・_| ̄|○

 

やっと歩いている人に

道を聞いてみても

いつもなら大抵の人が

親切に道を教えてくれるのに

冷たくあしらわれ

教えてもらえない…

 

彷徨いまくりながら

なんとか自力でトラム駅を見つけ

最寄り駅へ。

 

最寄り駅から

病院までもまた

道に迷ってしまい

何度も人に尋ねながら

やっとやっと

マイナス8度

雪がちらつき寒空の下凍えながら

病院へ到着。

 

受付で担当医の診察室を尋ねると

なんと、医師のシフトが変わっており

その日私の担当医は

別の郊外の病院にいると言われ大ショック。

(そこは車でないと行けないような遠い場所です。

私は車を運転しないので困り果てました。

夫も出張で不在でした。)

しっかり事前に

インターネットで調べたにも関わらず

何故?と愕然としましたが

その情報自体が間違いだったのでした。

信じた私が悪かった…

詰めが甘かった…

ベルギーあるあるです。

日本ではあり得ません。

 

受付でも冷たくあしらわれ

NOと言ったらその後

全く相手にしてもらえません。

今までの苦労が全て水の泡…

もうどん底に突き落とされた感じで

目の前は真っ暗。

何度も振り回されてたらい回しで

体調の具合も悪い上に、

ここまで辛いことが重なると

もうこれ以上一人で頑張れない…

言葉の壁もあるし

上手く伝えられないもどかしさも募り

本当に心細く心が折れる瞬間です。

 

でも、ここで諦めてはならないのが外国。

自分から訴えて、こうしたい、ということを

必死に訴えないと相手は動いてくれません。

私も普段はとても弱い人間ですが

こういう時は折れてはいけないということを

長年のベルギー暮らしで培ったので

「なんとか今日中に診てくれる専門医を探してほしい」

ということを主張しました。(涙ながらに…)

すると、一人優しそうな受付の人が助けてくれて

その日の午後に別の病院で

別の専門医の予約を取ってくれたのです。

本当に有難かった…

捨てる神あれば拾う神ありとは、まさに。

しかも!

その病院は、なんと!!

自宅から徒歩10分程度にあるご近所でした!

なんという奇跡でしょうか!!!!!!!!

 

そして、実際に行くと

事前に予約して貰えたお陰で

スムーズに別の専門医にも

患者である私の情報がon-line共有されており

過去のカルテも見てもらえていたので

そういった点、ベルギーの医療制度は

素晴らしいと思いました。

(患者の身分明書IDでon-lineカルテが

管理されていてどの病院でも

他の医師でもPCで情報を共有できるようです)

日本だったら、違う病院に行くと

また一から検査やデータ作成になりますよね。

 

新しい担当になった専門医は、女性で

とても話しやすく

丁寧に話を聞いてくれましたし

正直、以前の男性の担当医より

ずっと対応が良く安心できました。

分からない点は、

後日質問するとメールで

フォローもしてくれて助かりました。

私も医療用語は日本語でさえ難しいのに

英語で理解するのはとても難しくて

直接話を聞いたとしても

ぱっと理解できないことも多く

不安がいつもありましたので

温かい言葉で

「また何かわからないことがあれば

いつでも気兼ねなくメールしてくださいね」

とおっしゃって頂けて

心底安堵したのでした。

そういった難しさに直面すると

本当に海外生活の辛さが身に沁みます。

 

兎に角、色々苦労もありましたが

結果的にご近所で

良い医師に巡りあえてホッとしました。

これだけでも奇跡なのですが

その日受けた、血液検査の結果が

また更なる奇跡を起こしたのです。

 

写真添付しましたが

2月22日に受けた検査結果は

TSHが0.38!!

たった20日(約3週間)で

正常値内ギリギリに戻っていたのです!!

これには医師にも驚かれて

電話がかかってきました。

 

TSH0.02が0.38へ?

約10倍ほど違います。

 

最初に受けた検査から20日の間

何も薬など投与もなくて

ここまで回復するのでしょうか?

 

そもそもこの病自体からして

どうしてなるのかも

原因も不明な病なので

誰にも分らないのですが…

 

一つ思い当たることと言えば

2日の結果を受けてから22日まで

(結果の用紙を入手するまで)

私が必死に毎日欠かさず続けていたことは

 

エッセンシャルオイルを使ったケアを

強化していたことです。

 

なかなか

検査結果の用紙が

届かないので

専門医にも診てもらえず

半ば仕方なく

なんとか必死に自分で出来ることを!と思い

自分の手元にある

エッセンシャルオイルと

相談しながら、

自分に必要だと思われるものを選び

必要だと感じる方法で試してみただけです。

 

もしかしたら…

植物が起こしてくれた

奇跡なのではないかな、と

わたしは希望を込めて

個人的にそう思っています。

 

もしも

検査結果がスムーズに

直ぐ手元に

届いていたなら

私は直ぐに専門医へ行き

薬の投与となり

エッセンシャルオイルだけを

3週間もじっくりと試して

強化することはなかったでしょう。

 

ですから

何度も邪魔?な介入?!があって

なかなかデータを

入手できなかったりしたことは幸いで

道に迷ったりしたこともまた

今となっては

「そうではないよ」という

天からのサインであり

ある意味、私には

必要なことだったのかも

しれません。

 

なんとも不思議な巡りあわせです。

 

また、以前の専門医に電話した時には

「すぐとにかく薬を三錠飲め」と

言われたのですが

以前の薬は処分してしまい

手元になかったので幸いでした。

(処方箋がないと薬は入手できません。)

(以前の専門医はこまめに薬の量を

調整してくれず、約2年間ずっと同じ量でした)

新しい担当医からは

まずは薬は2錠からスタートで

22日の検査結果が出てからは

1錠でいいと、調整してくれました。

担当医が変わったことで

きちんと薬の量も

検査の結果次第で

細やかに微調整してくれる。

 

全てが上手く廻っていることに

気が付きました!

 

そういえば…

最初に検査を受けたのは2月2日。

二度目の検査は、2月22日。

なんだか222と2が続く

エンジェルナンバー(^^♪

ふと気になって

2の意味を調べてみたら…

 

2⇒信念を貫いて自分の道を信じてください。

 

22⇒関わる全ての人に神の恩恵があり、

   想像通り上手くいくことを信じてください。

   心配を手放し信じる心を持って。

 

222⇒今あなたが進んでいる道を強く信じて下さい。

   着々と望みが実現する方向に近づいています。

 

☆彡天使のご加護があったのかもしれません☆彡

 

勿論そもそも

この病気の根源さえ不明なので

これはエッセンシャルオイルのお陰だ、とは

言い切れませんし

何にも根拠もありません。

 

特に日本において

エッセンシャルオイルは

治癒を目的として

使うためのものでは

ありませんから

これはあくまでも

私個人の自己責任において

試しただけのことです。

 

個人的な記録として

記しておこうと思いますが

検査結果が数値の通り

良くなっていたことは

変えられない事実であり

とても嬉しく思いました。

 

様々な症状も、

最近は落ち着いて

出なくなりましたし

確実に、身体が楽に

過ごしやすくなって

よかったな、と思っています。

 

勿論今後も引き続き、

専門医からの

診断や検査をきちんと続けて

指示を仰いでいくつもりです。

 

治療中は

甲状腺のホルモンバランスを保つことは

とても難しく微妙な調整が必要です。

きちんと専門医に診てもらいながら

薬の量の匙加減を判断してもらう必要があります。

 

私も一応、今は薬を

処方されておりますので

きちんと服用を続けています。

 

来週は、

甲状腺の「シンチグラフィー検査」を

受けることになりました。

 

検査に向けて

ヨウ素制限があるため

今日から1週間は

ヨウ素を含むものに注意して

摂取しないようにという指示がありました( ;∀;)

 

これは日本人にとっては

すごく辛いです。

ヨウ素は、昆布など海藻類に

多く含まれており、ダシなども

料理に使えなくなります…( ゚Д゚)

調味料も、しょうゆはNG!!

味噌汁も作れないかな…

日本食で使う調味料って

結構ダシが含まれているものが多いのですよね。

魚介類もNGです。

 

しかし幸いなことにここはベルギー(笑)

ヨーロッパ風な食事の献立にすれば

ヨウ素は摂取せずに済みそうです。

貧血もあるので

菜だけというわけにもいかないし

しばらくはがっつりと肉食で

いきたいと思います((+_+))

 

amebaownd のサイトはこちら♥

(最新記事更新、「ブリュッセル散歩」)

    ↓

https://rosalita.amebaownd.com/

 

最新のアロマ講座詳細(日本)は

こちらより⇒

 

どんなことでもお気軽に

巴花までお問合せくださいませ!

 

旅の写真や好きなものを写真と共にPOSTしています👇

 

①amebaownd のサイトはこちら♥

    ↓

https://rosalita.amebaownd.com/

 

②巴花のインスタグラムはこちら

https://www.instagram.com/rosalita_tomoka/

 

 

ホームページ内のメニューは

「パソコン版表示」にて

ご覧下さいませ☆

 

ホームページ内にある

パスワード保護部分

お読みになりたい方は

お問合せ下さいませ。