傷に「ラベンダー」(ベルギーのアロマ事情)

今日は・・・

ベルギーのアロマセラピー事情をお伝えします。

 

ベルギーは

フランス式のアロマセラピーの流れを受けており

医師の処方箋によって

「精油」が出されるケースがあります。

「薬」と同等扱いされて

内服したり、直接塗布することもあります。

(薬剤師からも使用に関する説明があります)

 

従って、精油は主に

薬局やBIOショップで販売しているのです。

 

日本のように

単純に雑貨として(リラクゼーション目的)

芳香を主に楽しむ、というよりは

より専門的で薬効成分があるという

認識の方が高いのではないかな?

という印象がありました。

 

私自身は、

今迄、病院にかかって

医師からの処方箋で

「精油」を出されたことは

ありませんので、実際のところは

どうなのかな・・・と思っていました。

 

そんな矢先の出来事。

 

先日、ベルギーで

出産を経験した友人から

聞いたお話をシェアしますね!

 

出産時に出来てしまった

デリケート部分の裂け目傷・・・

かなり痛みもあり

産後も苦痛だったそうです。

 

この傷の手当てに

医師から「処方箋」を出され

薬局へ行きました。

 

当然、何か傷に効く

軟膏などの「薬」が出されている

と思っていたのですが

 

実際に、薬剤師から出されたのは・・・

 

なんと!

1本の「ラベンダーの精油」

だったそうです!!!

 

薬剤師曰く

傷口に数滴塗布すると

効いて良くなる、とのこと。

 

ラベンダーの精油なら

彼女は既に、ヤングリヴィングの精油を

持っていたそうなのですが・・・(笑)

 

まさか、塗り薬として

ラベンダーの精油が処方されるとは

全く思いもしなかったので

驚いた、という話でした!!

 

実際に

ラベンダーの精油を塗ると

みるみるうちに傷も回復して

痛みも取れて良くなった、とのこと!!

 

流石、ラベンダー!!

 

私は、自己責任で

傷や火傷などにラベンダーの精油を

直接塗布して使用しておりますが

日本では、精油は「薬」ではないので

公には認められてはいません。

 

しかし、ベルギーでは

薬として、医師も処方するくらい

一般的であることが証明された体験談

実際に聞くことが出来て

私もなんだかとても嬉しくなりました\(^o^)/

 

世界のアロマセラピー事情・・・

お国によって全然違いますよね。

 

日本は、イギリス式の影響を受けているので

あくまでも、精油は希釈をしてから使用することが原則となっています。

(薬事法によって厳しく管理されています)

 

 

ヤングリビング社の精油にご興味がある方、

 会員になってご購入されたい方

 日本にお住まいの方でも、海外にお住まいの方でも

 どなたでも、丁寧にフォロー致します。

 お気軽に、お問合せ下さいませ!

 

 詳細はこちら⇒リンク

 

*カタログ請求はこちらから⇒リンク

 

*巴花からのご紹介で

 ヤングリヴィングの会員になると

 ヨーロッパ限定品など

 日本未発売品や

 日本長期欠品商品も会員価格にて

 お譲りしています☆

 (私のグループだけの特典です♪)

 (Rosalita価格よりお安くなります)

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    石川 莉紗 (火曜日, 28 3月 2017 01:36)

    え!すごい!!リアルな話で
    病院で処方とは!!

  • #2

    巴花 (火曜日, 28 3月 2017 07:05)

    ねえ!
    私もベルギーに住んでいながらも
    初めてリアルに友人から直接聞くお話でしたから
    驚きと共に、やっぱり!
    さすが、ラベンダーだよねえ♫と
    しみじみ嬉しく思いました(≧∇≦)