ハワイアン サンダルウッド

ヤングリヴィングには

ロイヤルハワイアンサンダルウッドという

精油があります。

 

その名前の通りハワイで採れた

サンダルウッド(白檀)でつくられた精油です。

 

サンダルウッドの農場は

聖地・ハワイ島にあるそうです。

 

リサスタイルさまも

ヤングリヴィング・日本主催の

バケーションチャレンジ旅行で

つい先日、ハワイ島へ訪れたとのこと!

Facebookでお写真を拝見したり

スカイプでも直接色々とお話をお伺いしました。

 

ヤングリヴィングの公式ブログでも

旅行についてのレポートや写真が

どなたでもご覧になれます♪

 

この旅行に参加した方々は全員

農場へ足を運び体験見学ができたそうです!

 

サンダルウッドの植樹や種拾い

フラワーウォーターのジャグジーに入ったり

サンダルウッドの蒸留見学が

実際に体感できるなんて

夢のようで、羨ましい!!

 

ヤングリヴィングの

サンダルウッドは

生きている樹を切り倒すのではなく

約30年から50年ぐらいかけて

自然にその木々が寿命を終えるまで待つのです。

朽ち果てて倒れた木々を

さらに4-5年放置させることにより

上質な精油が採れるのだとのこと。

何故かというと

最期のときに植物も自分の命を守ろうと

エネルギーを出してより多くのオイルを

後世に残そうとしてくれるから・・・

人も最期の直前は、

最後の力を振り絞って元気になったりする、と

いいますものね・・・

 

私もそこまで詳しく知らなかったので

驚き、なんだかウルっときてしまいました( ;∀;)

 

そして、約20時間という

長い時間をかけてゆっくりと

低温52度で水蒸気蒸留させます。

 

一般的に流通している精油は

手間やコスト削減の為に

なるべく高温・短時間の蒸留で

つくってしまうようなので

香りや質が落ちてしまうのは当然ですね・・・

 

他の人工の香料やオイルと混ぜたりする

粗悪品も多いようなので

本当に消費者である私達自身が

しっかりと見極めて購買する、ことが

鍵になると思います。

そういったメーカーは

勿論、このように農場や蒸留の場を

一般消費者へ公開するなんていうこともないでしょう。

試しに比較して使ってみれば

自ずとわかると思います。

 

種を選び、植えて育て・・・

木々がその命を終えて朽ち果てるまでの

自然の大いなるサイクルを考えると

気の遠くなるような年月ですが

さらに、古木を放置後の蒸留・・・

そして品質検査を通して

1本1本ボトルに詰め、出荷・・・

と、製品となって手元に届くまでも

長い年月をかけているんだ、と

思うと、より一層、希少価値を想い

精油達が愛おしく感じます♡

 

アジア、日本でも仏像や神殿づくりや

お香としても親しまれてきた白檀・・・

 

深い瞑想を誘う香りです。

非常に精神が落ち着き、リラックスさせます。

お肌の潤いやキメを整えてもくれますし

非常に重宝する精油です。

 

成分

サンダルウッド精油
学名(Santalum paniculatum)

会員ホールセール価格 14634円

ヤングリビング社の精油にご興味がある方、

 会員になってご購入されたい方

 日本にお住まいの方でも、海外にお住まいの方でも

 どなたでも、丁寧にフォロー致します。

 お気軽に、お問合せ下さいませ!

 

 詳細はこちら⇒リンク

 

*カタログ請求はこちらから⇒リンク

 

*巴花からのご紹介で

 ヤングリヴィングの会員になると

 ヨーロッパ限定品など

 日本未発売品や

 日本長期欠品商品も会員価格にて

 お譲りしています☆

 (私のグループだけの特典です♪)