2017年3月

2017年

3月

28日

奇跡が導いた・夢のステンドグラスに挑戦!

 

「ステンドグラス」が大好きな私♡

 

特に教会にある

ステンドグラスにはうっとりで

ずっと眺めていても

ちっとも飽きません。

 

あまりにも好き過ぎて

自宅の窓には

ステンドグラスシール」まで貼る始末。

 

いつか自分で

作ることができたらいいなあ

と長年夢見ておりました。

 

日本でしたら

調べてみれば

カルチャーセンターでの講座や

それなりのお教室がありますが

ここはベルギー・・・

 

一応、本場のヨーロッパだから

工房はあるでしょうが

言葉のハードルが高いし

まして外国人が学べる場所も

チャンスもあるわけない、と

諦めていました。

 

しかし、どうしても

諦めきれない想いが心にあって

昨年、インターネットで調べてみたのです。

 

ブリュッセル市内に

ステンドグラス工房があることを

発見した私は

ダメ元で・・・

英語でお問合せメールを

送ってみました。

 

しかし、待てど暮らせど

返信は来ず・・・

やっぱり外国人は

きっと相手にされないのだろうなあ・・・と

悲しいけれども、諦めつつ

電話でお問合せをする勇気はないまま

忘れかけていました。

 

その約一年後・・・

今年、ふと思いつきで

ぶらっとブリュッセル市内にある

行きつけの手芸店を目指して

歩いていました。

 

何度も歩いたことがある道なのに

その日に限って

何故か道に迷ってしまいました( ;∀;)

 

私は、方向感覚に関しては

割と鋭い性質でして

滅多に迷うことがないのです。

 

野性的感覚が冴えているのか?

地図を持たなくても

大体迷わず、何処にでも行けるはずなのに!?

どうして??

 

迷いに迷った結果

全く見当もつかない道に出てしまい

初めてみる景色に愕然・・・

 

ここは一体どこなの!?

 

ふと、見上げると、なんと・・・

目の前に、ステンドグラス工房がありました!!

 

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

27日

傷に「ラベンダー」(ベルギーのアロマ事情)

今日は・・・

ベルギーのアロマセラピー事情をお伝えします。

 

ベルギーは

フランス式のアロマセラピーの流れを受けており

医師の処方箋によって

「精油」が出されるケースがあります。

「薬」と同等扱いされて

内服したり、直接塗布することもあります。

(薬剤師からも使用に関する説明があります)

 

従って、精油は主に

薬局やBIOショップで販売しているのです。

 

日本のように

単純に雑貨として(リラクゼーション目的)

芳香を主に楽しむ、というよりは

より専門的で薬効成分があるという

認識の方が高いのではないかな?

という印象がありました。

 

私自身は、

今迄、病院にかかって

医師からの処方箋で

「精油」を出されたことは

ありませんので、実際のところは

どうなのかな・・・と思っていました。

 

そんな矢先の出来事。

 

先日、ベルギーで

出産を経験した友人から

聞いたお話をシェアしますね!

 

出産時に出来てしまった

デリケート部分の裂け目傷・・・

かなり痛みもあり

産後も苦痛だったそうです。

 

この傷の手当てに

医師から「処方箋」を出され

薬局へ行きました。

 

当然、何か傷に効く

軟膏などの「薬」が出されている

と思っていたのですが

 

実際に、薬剤師から出されたのは・・・

 

なんと!

1本の「ラベンダーの精油」

だったそうです!!!

 

薬剤師曰く

傷口に数滴塗布すると

効いて良くなる、とのこと。

 

ラベンダーの精油なら

彼女は既に、ヤングリヴィングの精油を

持っていたそうなのですが・・・(笑)

 

まさか、塗り薬として

ラベンダーの精油が処方されるとは

全く思いもしなかったので

驚いた、という話でした!!

 

実際に

ラベンダーの精油を塗ると

みるみるうちに傷も回復して

痛みも取れて良くなった、とのこと!!

 

流石、ラベンダー!!

 

私は、自己責任で

傷や火傷などにラベンダーの精油を

直接塗布して使用しておりますが

日本では、精油は「薬」ではないので

公には認められてはいません。

 

しかし、ベルギーでは

薬として、医師も処方するくらい

一般的であることが証明された体験談

実際に聞くことが出来て

私もなんだかとても嬉しくなりました\(^o^)/

 

世界のアロマセラピー事情・・・

お国によって全然違いますよね。

 

日本は、イギリス式の影響を受けているので

あくまでも、精油は希釈をしてから使用することが原則となっています。

(薬事法によって厳しく管理されています)

 

 

ヤングリビング社の精油にご興味がある方、

 会員になってご購入されたい方

 日本にお住まいの方でも、海外にお住まいの方でも

 どなたでも、丁寧にフォロー致します。

 お気軽に、お問合せ下さいませ!

 

 詳細はこちら⇒リンク

 

*カタログ請求はこちらから⇒リンク

 

*巴花からのご紹介で

 ヤングリヴィングの会員になると

 ヨーロッパ限定品など

 日本未発売品や

 日本長期欠品商品も会員価格にて

 お譲りしています☆

 (私のグループだけの特典です♪)

 (Rosalita価格よりお安くなります)

2 コメント

2017年

3月

24日

第6回マジカルアート展in海老名市民ギャラリー(リサスタイル主催)

リサスタイルさま主催

第6回 マジカルアート展 が本日よりスタートしました!!

 

会場準備中には

ワイエルジョイの精油を手に取り

皆さん、力を合わせて一つになって

頑張っていらっしゃる姿を

先程Facebookのページで拝見しました♪

詳細につきましては

リサスタイルさまのブログ

をご覧下さいませ!!

 

是非、今週末はご家族やご友人さま等

お誘いの上、お出掛け下さいませ!

 

入場無料

 

チャリティーワークショップ各種満載!

子どもから大人まで皆さんで

お気軽に楽しめますよ♡

 

会場 海老名市民ギャラリー
(海老名文化会館ではありません)

<住所>
海老名市中央2丁目9番50号
プライムタワーアネックス1F
TEL:046-235-0366 
(場所の確認はこちらへ↑ 開催中は携帯に出られない可能性が高いです)

<最寄り駅>
小田急小田原線・相鉄線「海老名駅」東口より徒歩10分
JR相模線「海老名駅」東口より徒歩15分

<駐車場>
海老名郵便局か、
その先にイオンの駐車場、
ホテルオークラの駐車場があります。

続きを読む 2 コメント

2017年

3月

23日

太陽の国*メキシコ(カンクン)その6(雑貨編)

メキシコならではの

雑貨や気になったものなど、色々・・・

写真を残しておきます☆

 

一番よく見かけたのは

メキシカンスカルカラベラ』

 

カラベラとはスペイン語で

「骸骨」を意味するそうです。

 

メキシコでは「死者の日」という

日本でいう「お盆」のような日があります。

 

家に祭壇を設けたり

お墓なども綺麗に飾り

マリーゴールドの花を供え

大切な故人を喜ばせ

祝祭日とするそうです。

 

その時に必ず一緒に添えるのが

この「カラベラ」

 

その表情はどこか

可愛らしくてユニーク。

憎めない表情ですよね・・・

決して怖い印象は受けません。

 

カラフルな色合いで

どちらかというと明るいです。

 

日本のお盆というと

しんみりとしてしまいますが

メキシコでは皆さん陽気に

お祭り騒ぎなのですって!!

 

メキシコでは

「死」は消えて無くなるもの

ではなくて

「生」へと繋ぐもの・・・

「再生」の意味があるとのこと。

 

また、ひとつ前の記事にも書きましたが

「グアダルーペの聖母マリアさま」を

モチーフにした絵画や雑貨類は

非常に多かったです。

 

私が個人的に

好きになってしまったのは

メキシコの「刺繍」です。

 

色彩が鮮やかで

目を惹かれました。

 

独特なセンスと色合いは

メキシコならでは!ですよね。

 

花柄の刺繍も

それぞれの民族(地域)によって

デザインが違うようです。

 

ハンドメイドの

手刺繍!!

細やかな図柄、一つ一つが

手作業で、と考えると

気が遠くなります・・・

 

どれも可愛くて

かなり迷ってしまいましたが

いくつかお土産に買ってしまいました♡

 

値段はピンキリですが

土産店でも値段交渉は必須です。

 

観光客や日本人だと

割高に値段を吹っ掛けられてしまう

かもしれませんが

根気よく上手に交渉してみて下さい♪

最終的には、かなり

お安くなったりしますよ(笑)

 

それにしても・・・

刺繍たちは

眺めているだけで

本当にうっとり萌えっとします(笑)

「花柄好き」

「刺繍好き」

な私にとって

この二つが重なり合うなんて

大好き過ぎて堪らないです!!

 

メキシコは

私にとって、かなり魅力溢れた国でした。

絶対にもう一度行きたいと思える国・・・

次回は、メキシコシティ方面へ行って

あの「グアダルーペの聖母マリアさま」を

この目で観てみたいなあ・・・と

夢みています!

いつか叶いますように☆

 

以上、長くなりましたが

メキシコ・カンクンの旅日記でした♪

 

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

20日

太陽の国*メキシコ(カンクン)その5 (イスラムへーレス編)

カンクンから

高速ボートで約30分。

 

日帰りで行ける楽園

別名「女神の島」とも呼ばれる

Isla Mujeres

イスラムヘーレス島

 

この島から見る

海のグラデーションは

また格別でした。

 

島自体は

それほど大きくないので

ぐるりと一周するには

ゴルフカートをレンタルすることを

おススメします!

 

島の先端には

マヤ文明の遺跡がありました。(有料)

 

折り返し戻る途中

島の丁度真ん中くらいの地点に

Capilla de Guadalupe

という小さな

グアダルーペの教会がありました。

 

ここは、教会の前面が

ガラス張りになっており

海が見えてとっても素敵でした。

 

メキシコでは

マリア信仰をされる方が多く

最も愛されているのが

この「グアダルーペの聖母」です。

 

どの教会に行っても

必ずといっても過言でない程

このマリアさまを見ることができます。

 

詳細は、Wikipediaにもあります⇒☆

 

とある「奇跡」を起こした

という伝説があるのです。

(カトリック教会公認の聖母出現)

 

特徴的なのは

褐色の肌とマント・・・

 

その奇跡の概要はこんな感じです。

 

1531年12月9日、

先住民のファン・ディエゴが

デペヤックの丘を歩いていると

目の前に聖母が現れ、こう告げました。

「司祭のところへ行き、この地に教会を建てるように伝えよ」

 

しかし、ディエゴが司祭へこのことを伝えても

司祭は信じようとしませんでした。

 

すると再びディエゴの前に聖母が現れて

その時期には咲くはずがない薔薇の花を与えました。

 

彼はその薔薇をマントに包み

再度司祭の元へ行き

その前でマントを広げると

マントに褐色の肌をした聖母が浮かび上がったのです。

 

この伝説を元に、

グアダルーペ寺院が建立されたと言われています。

 

現在でも、その奇跡のマントはそこに飾られているそうですよ!

 

いつか私もこの目で観てみたいと思っております・・・☆

 

このマントに纏わる

不思議な話は他にもあって

①400年以上経った現在でも

 未だに色が変わらない、とのこと。

(写真撮影、フラッシュもOKだそうです)

②聖母の瞳を25倍に拡大すると

「ファン・ディエゴ、司祭、通訳」の3人が

 描かれていることが発見されたのだそうです。

③専門家がマントを分析すると、

 聖母を描いた染料の成分は

 この地球上に存在しないことが判明したとか!?

 

皆さんは、この奇跡、信じますか?

 

 

 

『グアダルーペの聖母マリア様』

 

ミニカードとメダイを見つけました!

 

今後の作品に使うかもしれません♪

 

どうぞ、お楽しみに!!

続きを読む 0 コメント